クレジットカードの審査基準。申し込むためのチェックポイント

クレジットカードを利用するとポイントが貯まるというのはもはや定番となっています。そんな中、キャッシュバックのクレジットカードがあるという事をご存知でしょうか、どうしてもポイントが貯まった時に、ポイントの使い道などに困ってしまうという方の場合には、キャッシュバックで現金が返ってきた方がお得という考え方を持つ方も多いので、そんな方の為に用意されたようなカードが、キャッシュバック機能付きのクレジットカードなのです。

キャッシュバックが行えるクレジットカードは、ポイントが貯まりやすいシステムとなっているのが基本で、年会費などに関しては、無料のものから有料のものまで様々です。学生専用カードなどでもこのようなカードは存在していますし、ショッピング保険などが充実しているものなどもあり、返戻金する方法なども異なる場合があるので、契約前にその方法や形式などについては各金融企業のサービスを確認しておく事が大事です。

ちなみにこのようなカードの情報は、カードのランキングサイトなどでも比較的多く紹介がされていますので、そういったサイトを参考にし、返戻金がされるカードを探すのも良いでしょうし、紹介がされているサイトなどで探すという事も可能なので、そうしたサイトなども参考にされると最良です。できるだけ多くのカードの中から、個人が利用するにあたり、得が出来ると確定できるようなカードを申し込みできるよう、慎重に選ぶのが得策です。

審査なしで利用出来るクレジットカードも有ります

これからクレジットカードの保有を検討される方においては、まず最初に利用する会社選定を行うのですが、これには多くの会社がサービスを提供している中で、金利の低い設定であるかや、或は利用時の審査基準が厳しいかなどを考慮に入れながら検討する事が多いのです。

そしてこれらの審査基準は選ぶ会社によって違いが有るのでして、例えば消費者金融系の場合には利用時の審査基準も緩めとなっていますし、また銀行などでは厳しめの基準としている所が多いのです。クレジットカードの利用法としてはショッピングなどの際にこのカードで決済を行い、一旦カード会社がお金を立替払いしてくれて、その利用額を翌月に銀行口座から引き落とす事となります。

ですので銀行口座が有る事は勿論のことですが、これ以外にも過去にカード払いした方はその利用状況や他社での利用状況も審査の対象とされるのです。大抵の会社では利用者に関する信用度を勤務先や勤続年数などで推察するのですが、これ以外にも信用調査機関への問い合わせを行うなどして個人の信用度を調べています。中には審査なしのクレジットカードを発行してくれる会社もありまして、この様な会社には様々な事情が有って審査に通過しない方が利用を行う為に集まってくるのです。

そして審査なしで対応出来る会社探しにはインターネットの比較サイトなどを閲覧して調べてみる事も一つの手段となっています。皆さんもこの様に便利な会社を利用検討してみて下さい。

クレジットカード会社はこうして儲けている!

今やクレジットカードは、年会費無料が当たり前で、利用するとポイントが付き、時には割引サービスや特典も付くなど、利用者にとっては至れり尽くせりです。逆にクレジットカード会社はどこから収入を得ているのか不思議に感じるでしょう。けれども大手のカード会社は百億単位の純利益を計上しています。一体どのように儲けているのでしょうか。

IRから見るクレジットカード会社の財務状況

クレジットカード会社が株主や投資家に公表している「IR」には、直近の営業収益や純利益、経営方針や今後の計画などが掲載されています。それを見ると、大手カード会社の営業収益はおおよそ2,000億円で、そこから営業費用などを引いた純利益は200億円にもなります。もっともカード会社はこれで満足しておらず、純利益についてはその倍を目標としています。

それを反映してか、カード会社の社員の平均年収は600万円から700万円です。これは学校の教諭や電力会社、エンジニアと同じくらいです。けれども、株主に対しては配当という形で還元されてはおらず、純利益については、経営基盤の強化や株式の買戻しに積極的に割り当てられています。 営業利益を上げると同時に、経費の削減にも力を入れています。ただし新規会員を獲得するためのCMやキャンペーンには手を抜きません。特に会員がクレジットカードで買い物をした時に得られる利益は、今後も一番の伸びが期待できるため、最大限の資本を注力しています。

一方で、かつてはクレジットカード会社の負担になっていた過払い金の返還については年々減っており、金額にして4年前の半分、件数で60%の減少になっています。

このようにクレジットカード会社は想像以上に儲かっており、カード会員が増えるほど、利益が増えるようになっているのです。では、何が収入源になっているのか、具体的に見ていきましょう。

主な収入源その1 加盟店手数料

クレジットカードからの利益全体の6割を占めると言われているのが「加盟店手数料」です。これはカード会員が買い物をすると、加盟店は売り上げの一部を手数料としてカード会社に支払うものです。加盟店手数料は業種によって異なり、コンビニやスーパーなどの小売業で1~5%くらいで、飲食店や風俗店のように回収できないリスクがある業種は10%近くと高くなります。

加盟店にとって、売り上げから手数料を引かれるのは、たとえ1%であっても痛手です。できれば現金で購入してくれた方が利益は多くなります。けれどもクレジットカードを使えることで、顧客は手持ちのお金が無い時でも欲しいものがあれば簡単に購入してくれます。また、クレジットカードの購入者は現金よりも1回あたりの購入単価が高くなる傾向があるのです。加盟店手数料を支払ってでも、それだけ多くの客が購入してくれるなら、十分に元は取れるでしょう。

同じクレジットカードでも、アメリカンエキスプレスやダイナーズは、他よりも加盟店手数料がワンランク高くなります。そのため、国内外問わずこの2つは使えない店が多いのです。ただし、どちらも高額所得者が好んで持つカードなので、高級品を取り扱うブランドショップなどは顧客取り込みのため、積極的に加盟店契約を結ぶのです。

加盟店手数料は各カードの発行会社ごとに徴収しているのではなく、「アクワイアラ」と呼ばれる、加盟店サービス専門の会社が行います。手数料の徴収だけでなく、加盟店の開拓や、カードの読み取りに使用する機械のメンテナンスなどが主な業務です。

アクワイアラからカードの発行会社(イシュア)や、カードに付帯している国際ブランドに手数料が分けられるのです。一般的に取り分は、イシュアが6割、アクワイアラが3割、ブランドが1割と言われています。日本では、ブランドがアクワイアラを兼ねているケースも多いようです。

確かに加盟店手数料はクレジットカード会社にとって、大きな収入の柱でもありますが、同時にリスクもあります。例えば消費者とのトラブルや店舗側の不正、情報漏えいなどです。加盟店に問題があるとしても、カード会社の信用リスクに直結するので、加盟店の新規加入については審査を行ったり、時には契約を解除する場合もあります。

主な収入源その2 金利手数料

加盟店手数料に次いで、クレジットカードからの収入源になっているのがショッピングやキャッシングにおける金利手数料です。利益の3割を占めると言われています。ショッピングでは3回以上の分割払いやリボルビング払いで手数料が発生し、その金利は分割払いで年利12%から15%、リボルビング払いで年利15%です。キャッシングは上限金利である18%で固定しているところがほとんどです。

けれども、IRを見る限りキャッシングは苦戦しており、年々借り入れ総額つまり債務も減少しつつあります。クレジットカードからの利益のうち、キャッシングによるものは15%に過ぎないのです。また、もっと低い金利で借りられるカードローンを提供している会社でも利用状況は伸び悩んでおり、苦戦しているのが実情です。やはりクレジットカードで買い物はできても、キャッシングなどお金を借りるのは抵抗があるようです。

その中でリボルビング払いは好調です。クレジット収入の7割近くを占めるほどです。カード会社から見たリボルビング払いのメリットは、金利の高さだけでなく、会員の利用期間が長くなることです。例えば、毎月の支払額が1万円で固定されている場合、20万円の商品を購入したら、20か月にわたって支払うことになります。カード会社にとっては、その期間ずっと残高に応じた金利手数料が入ってくるのです。

そのため、カード会社は積極的にリボルビング払いを使ってもらおうと力を入れています。例えば最近、各カード会社とも年会費無料のリボルビング払い専用のカードを発行しています。より会員に使ってもらうために、破格のポイント還元をしている場合がほとんどです。一般的にクレジットカードのポイント還元率は、年会費無料なら良くても1%なので、もし1.5%から2.5%も還元してくれたら、使う側から見ればとてもお得なカードに思えるでしょう。

けれども、一括払いであれば金利手数料は発生しませんが、リボルビング払いは年利15%の手数料が発生します。たとえ2.5%のポイントを還元したとしても、クレジットカード会社にとっては十分に大きな儲けになるのです。利用する側も仕組みをよく分かっていないので、ついつい長期にわたって金利手数料を発生させがちです。クレジットカード収入の6割を占めるというのも頷けるでしょう。

主な収入源その3 年会費

クレジットカードからの収入源としては、全体の1割程度に過ぎませんが、年会費もこれまでは重要な収入源でした。もっとも最近は年会費無料のカードが当たり前なので、以前ほどは期待できません。年会費無料のカードは発行する側にとって大きな負担になります。発行に伴う郵送費やカードの原料代、ポイントを還元したり、各種サービスを提供するのもコストとなります。

カード会社としては、年会費無料のカードをあくまでも会員獲得の入口としており、あとは、とにかく使ってもらうことで加盟店手数料や金利手数料として還元されることを期待しています。

カードで積極的に買い物してくれる会員には、上位のゴールドカードやプラチナカードのインヴィテーションを送ります。もし作ってくれたら、そこから年会費を徴収できるのです。

ゴールドカードの年会費は1万円から3万円くらい、プラチナカードになると3万円から10万円を超えるものもあります。ゴールドカードの会員の割合は全体の15%程度と言われていますが、例えば全体で2,000万人のカード会員がいるクレジットカード会社なら、300万人のゴールド会員が10,000円の年会費を支払えば、それだけで300億円の収入になります。また、プラチナカードでも2%ほどの会員がいると言われており、やはり40万人のプラチナ会員が50,000円の年会費を払っても、200億円の収入になるのです。

そう考えると、各カード会社がゴールドカードやプラチナカード会員の獲得に力を入れるのも頷けます。確かにこれらの上位カードは付帯サービスが充実しており、億単位で補償される海外旅行保険が自動付帯されたり、年間5万円以上の会費が必要になる空港ラウンジのプライオリティパスを追加料金無しで提供したり、会員のリクエストや相談に応じてくれるコンシェルジュサービスを用意していますが、すべての会員がそのすべてを利用しているわけではありません。実際に年会費と同じか、それ以上にゴールドカードやプラチナカードの付帯サービスを使えている会員はそれほど多くないでしょう。

ゴールドカードやプラチナカードは高い年会費を払ってでも、一定の需要があります。特に大きいのがステータスの証明です。海外においてはゴールドカード以上を保有していることが高収入の証明となります。日本でも肩書きのない個人事業主が、信頼を得るためにゴールドカードを保有するほどです。

ステータスが必要なくても、頻繁にクレジットカードを使う人にとってはゴールドカードの限度額は魅力です。一般のカードは50万円までしか使えませんが、ゴールドカードなら200~300万円まで使えるので、クレジットカードで買える物が増えます。

このような需要を期待して、カード会社は見込み客へ積極的にインヴィテーションを送っているのです。

その他の収入源

クレジットカード会社では、クレジットカード以外からの収益も同じくらいか、それ以上あります。特にカードを使わないショッピングクレジットは大きな収入源です。

高額商品の割賦払いに使われる「ショッピングクレジット」

ショッピングクレジットとは、高額の商品を購入する時に書面で割賦払いの契約を結ぶものです。当然、長期にわたって手数料収入が見込まれます。クレジットカードを利用していると、あまりピンと来ないかもしれませんが、着物や宝飾品、家電製品など、高額商品の購入において、よく用いられます。また、クレジットカードを持っていない人が分割払いで物品を購入する時に使うことが多いようです。

中でも大きな収入になり、利用者も多いのが車のローンです。他のカード会社の収入の2倍以上あります。特に車は支払期間が長くなるので、カード会社にとっては安定した収入にもなるのです。

銀行が提供する住宅ローンなどの「保証料収入」

銀行の保証業務も、カード会社によっては大きな収入になります。住宅ローンをはじめとして、銀行が提供するローンを顧客が利用する際には、保証会社の審査が必要になります。その役割をカード会社が担っているのです。利用者は住宅ローンを返済する時に保証料も合わせて支払います。これがカード会社の収入になります。住宅ローンの返済期間は10年から30年と長期間になり、やはり一定の需要があるため、安定した収入になります。

会員に特定のサービスを利用させる「仲介手数料」

これらと比べると規模は小さくなりますが、会員が特定のサービスを利用した時に発生する「仲介手数料」もあります。例えばカード会社が運営するインターネット上のショッピングモールを会員が利用すると、カード会社はモールに参加している店舗から仲介手数料を受け取れます。あるいはカード会社が特典を付与しているレストランやホテルなども、利用者が増加するメリットがある代わりに仲介手数料を支払っています。

他にも、請求書に同封されるチラシや、サイト上に掲載される広告や紹介記事は、広告料収入になります。

アメリカでは会員データを販売して収入を得ることも

アメリカでは、カード会員の購買データを広告会社やマーケティング業界に販売して、収入を得ているケースもあります。カードを使った日時や金額、購入した商品をデータ化することで、「この商品はカードで買う人が多い」とか「これくらいの金額ならカードを使おうとする」など、そういった分析ができるようになるのです。

買い取った側は、このデータを基に効果的に広告を展開したり、マーケティングの参考にします。もちろん、名前や住所、生年月日などの個人情報は含まれず、あくまでも購買動向を知るためのデータとなります。日本は個人情報に対して厳しいところがあるので、このようにデータを扱えるのかは未知数ですが、特に会員が多いカード会社にとっては今後の収入の柱になるかもしれません。

さいごに

このように、クレジットカード会社はクレジットカードからだけでなく、様々な収入源を持っているのです。日本クレジット協会の調べでは、今や約2億6千万枚のカードが発行されており、成人は1人2枚持っている計算になります。消費税の増税を意識して、ポイント分だけ得しようと、ほとんどの買い物をクレジットカードで済ませる人も多くなっています。

こうした需要がある限り、クレジットカード会社はまだまだ成長の余地があるでしょう。もちろん、使う側から考えた場合、お得なようでいて、実はクレジットカード会社が儲かる仕組みになっていることを理解した上で、利用することが大事です。

審査の甘いクレジットカードを考えてみる

最近は、クレジットカードを作る際の審査が簡単でしかも基準の甘いものが増えています。とてもよく見かけるのが、スーパーやコンビニが発行しているクレジットカード。

日常の買い物での支払いに利用してもらうことを目的としており、また買い物でポイントがたまっていくサービスを売りにしています。こういったクレジットカードは、たくさんの顧客を確保したために、カード発行の審査も甘いところが多いようです。買い物をするのは、ほとんど主婦層ですから、顧客獲得のために必要なことでしょう。簡単に作れるカードですので、日頃の買い物で現金の持ち合わせがなくても購入できるのは大きなメリットですので、消費者心理をとらえた戦略ではないでしょうか。

コンビニ等でも同じことが言えると思います。あと、活気的だと思うことは、利用に応じてたまるポイント制度です。貯めていけば、ちょっと得をした気分になりますし、ポイントで買い物といったことも可能です。あと、新規発行されるクレジットカードで、よく申込みと同時にポイントが付与されるものがあります。申し込んだと同時にキャッシュバックをもらえるということは、会員をたくさん増やしたいという意向が見えます。そういったカードは、よく審査が甘いと聞きます。

クレジットカードなどのキャンペーン

クレジットカードやキャッシングカードを作成をするとキャンペーンを行っているところもあります。ここではどんなキャンペーンを行っているのかというと、キャッシングカードやクレジットカードを作成をするとクオカードをもらうことができる所もあるので便利です。

ここではどのような人がキャッシングカードなどの申し込みをすることができるのかというと、成人していて毎月一定額の収入がある人であれば申し込みをすることができるので便利です。ここでは大学生などの学生でのアルバイトなどで毎月収入があれば申し込みをすることができるので便利です。どこでキャッシングカードやクレジットカードの申し込みをすることができるのかというと、無人機や窓口での申し込みをすることができるので便利です。

ここでの申し込みでキャッシングカードなどの作成はどのくらいの時間で申し込みをして作成をすることができるのかというと、最短で30分で契約をすることができるので便利です。他にもパソコンを使っての申し込みの方法があります。ここでの申し込みは24時間365日いつでも申し込みをすることができるので店にいく時間がない人でも申し込みをすることができるので便利です。

楽天ETCカードをを発行した理由

楽天ETCカードが欲しかったのですが、クレジットカードも持っていなかったのでまず申し込みをしてみました。以前から高速道路を走る回数も多かったのですが、毎回、現金払いで精算していたのでもっと合理的にしたいのが大きかったです。できれば、高速料金は後払いにしてもらいたかったので楽天ETCカードに申し込むことに決めました。

年会費もあまり高くなかったのも選んだ理由でもありましたが、何よりもポイントが付くというのが気に入ったところだったわけです。それに毎月、決まった日に料金を引き落としてもらえるというのも悪くなかったです。申し込んでみるとカードが発行されるまでに多少、時間はかかってしまったものの、どうにか一週間程度でカードを郵送してもらうことができました。

今すぐ発行したいというなど急いでいるわけではなかったのですが、早い時期にカード発行手続きをしてもらえたのは助かりました。結構、土日だけでなくて平日に高速道路を走る機会も増えるのが予想されていたため、ETCカードを発行してみると前よりも便利になっていました。ちょうど、仕事以外にもプライベートでも長距離の運転をしてみたかったので嬉しかったです。

更に対応も良かったのですが、楽天のクレジットカードも作れたのは最高でした。たまにショッピングでのクレジット機能なども活用できて、高速道路も走りやすくなったのもあったりして、一石二鳥というのは魅力的に見えました。

Writen by admin