期間限定でたまに金利が低くなる

マイホームを購入するとなると、どこかの金融機関から借りるケースがほとんどです。一括払いは少々難しいので、小刻みに払っていく事が可能な融資商品を利用する方々も、少なくありません。ところで融資を受けるとなると、金利などは明らかにポイントになります。それを節約したいと思うならば、期間限定の情報に着目するのも一法です。

例えば消費税増税前です。その税率は、状況に応じて変動する性質があります。ところがそれが生じる前に、期間限定でのキャンペーンが行われる事があるのです。思えば証券会社でも、たまに口座開設のキャンペーンなどを行っているでしょう。あれと同じような内容がいくつも見られる訳です。

その期間に融資商品の申込をしますと、手数料の軽減が生じる事になります。それでだいぶ住宅のコストを抑えられるケースも、少なくない訳です。そのような情報などは、金融機関の公式サイトなどから確認できます。コストを抑えたい時には、自分が利用中の金融会社のホームページなどは確認すると良いでしょう。

 

結婚式場探しの後はマイホーム探し。

結婚を控えた若い幸せなカップルは、毎日結婚式場探しに励んでいることでしょう。一生に一度の晴れ舞台ですから、簡単に式場を選ぶことなど出来ません。海辺の開放的な式場、アットホームなガーデンウェディングなど魅力的な式場はたくさんあります。そして、無事に式場を決め結婚式をしたカップルは夫婦となり今度はマイホーム探しに励むことでしょう。

最初は賃貸マンションなどに暮らす若い夫婦も多いですが、いつかはマイホームを建てようという目標を持つ夫婦も多いはずです。まずは貯金を貯めようなどと考えることも多いでしょうが、貯金をするよりも今は頭金無しで住宅ローンを組む人も多いです。金利がすごく下がっていますから毎月かかる家賃を、住宅ローン返済に回すほうがのちに有利となる場合もあるのです。

数年後、状況に応じて借り換えもすることが出来ますし、まずはマイホームの場所探しから始めてみてはいかがでしょうか。若いカップルの素敵な未来につながりそうです。

 

四半期赤字などで借り換えを行う

借り換えを検討する方々の中には、会社の財務状況に左右される方も見られます。というのも会社の状況は、必ずしも健全とは限りません。あまり赤字が続いている時などは、借り換えの余地があるでしょう。例えば四半期赤字です。赤字が一半期程度ならば問題はなくても、4回というのはかなり大きいです。赤字が連続している訳ですから、このあたりは住宅ローンの乗り換えなどを検討するのもベターだと考えられます。

その辺りの基準などは、やはりそれぞれの法人によって色々と異なります。法人によっては、2回程度の赤字でも乗り換えが検討される事もあるからです。

ただし乗り換えを行う時には、やはり審査などは気にしておく必要があります。特に書面などには注意を要します。所定の書面がなければ、審査がスムーズに進まない事が多いからです。それで融資までに多少の日数がかかる事もあるので、審査に関わる書類の情報だけは、必ず申し込み前に確認するのが無難です。

 

夫婦で離婚危機にならないようにするためには

結婚すると夫婦で生活をともにすることになります。そこで居住地やゆっくりする別荘などを購入したりする人もいるかと思います。例えば九州で住んでから他の県に別荘をたてたりなど住宅購入をしたりすることで楽しみも増えますがそこで考えていなければならないと思います。

夫婦になると入籍とともに個人の財産が夫婦の財産になります。持っているもの購入したものなどある程度の条件などはありますがそこで離婚の危機になりうるのがどっちの所有なのかやどっちがお金をはらったかなど名義でもそうですがそういったことも喧嘩の対象になりえます。そこである程度購入した際にはしっかりとした夫婦の契約書などをつくっておくといいかとおもいます。

夫婦中がいいから大丈夫だろうと思いがちですが先に離婚危機にならないように物件所有などの購入後の支払いのルールなどを決めておくといいかと思います。そしてできたら無料相談などで弁護士に相談して考えていくといいかと思います。

 

住宅ローンをろうきんにする提案

住宅ローン借り換えなどを考えたとき、ろうきんのネット情報の中によく「フラット35」とか、「フラット35S」という文字が出没します。なんでしょう?

「フラット35S」とはフラット35の条件【70歳未満、返済能力のある年収、戸建ては70㎡以上、マンションは30㎡以上など機構が決めた一定の基準に適合】を満たしたうえで「省エネルギー性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」のいずれか1つ以上の基準を満たし、そのことを証明する「適合証明書」を検査機関が交付し、借りるに相応しい人品と認められるという。

これは「ふらっと35」に比べても利息で308万円の削減メリットがあるようなので、かなり厳しい基準内容なのでしょう。この政策、人気でしたが国の経済対策の予算措置で募集枠に限りが有るため適用期限を前倒しされた。また、住宅ローンの「フラット35」は中古住宅は該当しないのか。

以前はリフォーム工事の資金は別途リフォームローンを借りていたが、最近住宅ローンでは「中古住宅特例融資」により、フラット35の融資額の引き上げと「リフォームパック」なる商品が発売された。「フラット35」はどんどん進化していってるみたい…。「フラット35Sベーシック」、「フラット35Sエコ」などの一定の基準をみたした住宅には、一定期間金利の引き下げを受けられる制度もあるようです。

しかし、この様な優遇措置もすでに終了しているものが多い。東日本大震災の被災地などはやっと目鼻がついたのに終了なんて事、おきているのではないか?いえ、今後のアベノミクスに期待度100%なんですが…!

Writen by admin